エントリー

4歳児 ほし組 【自分(自分たち)で考え、決めて動く】

アップロードファイル 17-1.jpg

4人が集まり、鬼ごっこすることになり、鬼を決めるためにじゃんけんをした。勝った人が鬼なのか、負けた人が鬼なのか決めなかったために、言い合いになった。
 そこで、保育者が「どうしようか?」と声をかけると「もう一回!」「勝った人が鬼」「いいよ!」ともう一度じゃんけんをして鬼を決め、鬼ごっこが始まりました。
 繰り返すうちに、人数がどんどん増えていき、じゃんけんがなかなか決まらなくなった。何度も「あいこでしょ!」を繰り返すうちに「ねぇ、チョキ無しにしよう」「いいよ」ということになり、チョキ無しにしてジャンケンをする。この方法で何度か鬼を決めていたが、パーを出せは勝てる(鬼になれる)と気づく子が多くなり、鬼が決まらなくなった。すると、「やっぱりチョキありだよ!」とチョキが復活し、「あいこでしょ!」を根気よく繰り返し鬼を決め遊び続けていた。
 日々の遊びの中でも、子どもたちは「どうしたらいいんだろう?」と自分たちで考え、試行錯誤しながら遊んでいます!

ページ移動

ユーティリティ

2021年05月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

Feed