エントリー

カテゴリー「基本方針の具体的事例」の検索結果は以下のとおりです。

11月の園だより

(文:園長)

    歩くことの価値を見直し、もっと歩かせたい

  10月14日の「白梅まつり」は、今年も子ども達が参加できる形にしていただき、よい行事になりました。企画、運営してくださった皆さん、ありがとうございました。

  2日の「徒歩遠足」は、雨で8日に延期にしましたが、2日・8日と2日間もお弁当を作っていただくなど、ご協力ありがとうございました。私は、年中・年長の岩山(岩山展望台)についていきました。子ども達は行きの約1時間20分、帰りの約1時間をしっかりと歩き通しました。年少も、岩手公園までの行き来をしっかり歩いただけでなく、岩手公園でもたくさん歩いたそうです。子ども達に長い距離を歩き通す体力と意志力が付いてきていることを、大変うれしく感じています。

 この歩くことについて、皆さんにもお配りしている「あんふぁん」の4月号に次のような記事が載っていました。お読みになった方も多いと思いますが、その一部を紹介させていただきます。

  「30年前には1日約2万7000歩あった小学生の歩数が、約1万1000歩まで減りました。歩数が少ないと、体調が悪い、やる気が出ないなど、生活習慣や学習に影響が出るという報告も出されています。」「小学校の例ですが、徒歩通学の時間と、授業時間の集中力の関係を調べている学校があります。1,2時間目の授業に対する集中力を、通学距離が1Km未満と2,3Kmの子どもで比べると、後者の方が高いのです。歩くと体温が上がり、体が覚醒するため集中力がアップすると分析しているそうです。」

  この記事で、日本ウォーキング協会保育コーチの向井陽さんは「今は歩く場面を意識してつくらないといけない時代」と言っていますが、遠足での子ども達の姿を心強く思うとともに、歩くことの価値を改めて見直し、降雪の時期も間近ですが、それまでの間は少しでも歩く場面を増やしてあげたいものと思いました。         

 

9月の園だより

(文:園長)

子ども達の経験が広がる2学期に

  夏休み中には、「ひとりでする」「てつだい」(年中・年長のみ)「うんどう」に取り組んでいただきありがとうございました。ご家庭でも幼稚園生活で大事にしていることに取り組んでいただいたことに感謝申し上げます。

  園では1学期の保育を振り返り、子ども達に自然と触れ合う経験、身体を目いっぱい動かす経験をもっとさせたい、そのために、2学期は園外保育をもう少し取り入れようということにしました。また、2学期は運動会(9)、徒歩遠足(10)、生活発表会(12)等の大きな行事もあります。

  2学期は、園での保育、それを発展・補充する園外保育、そして行事等を通して、子ども達に様々な経験をさせ、そのことを子ども達の成長に繋げていきたいと思っています。園外保育や、行事への取組の時は、登園後の好きな遊びの後は、すぐにクラス単位での活動ということも多くなりますので、登園時刻までの登園(9:20まで)についても、ご協力をお願いします。

  2学期は、一年で一番の長丁場になりますが、子ども達の大きな成長が期待できる学期でもあります。1学期同様、ご家庭の皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

 

8月の園だより

(文:園長)

         

       夏休みも「自分でする」を大事に

 70日余の登園日だった1学期も終わろうとしていますが、いちご・ほし・そら組のどの組の子ども達も、入園・進級した頃に比べて確実に成長していることを大変うれしく感じています。

 さて、いよいよ子ども達が楽しみにしている夏休みが始まります。

  先日の保護者懇談会や個人面談での担任からの話や、終業式の日にお渡しした「なつやすみ」(夏休みの生活のポイントなど)・「なつやすみのせいかつひょう」をもとに、お子様に夏休みに取り組んでほしいことを親子で相談しながら決め、取り組ませていただきたいと思います。その際、幼稚園でも大事にしている「自分で考え、自分で決めて、自分する」ということも大事にしていただきたいと思っています。

 2学期の始業式には、また、一回り大きくなった子ども達と会えることを楽しみにしています。               

7月の園だより

(文:園長)

子どもは、親の行動を見て育ちます

  白梅幼稚園では、未就園児の教室「ひよこクラブ」を開設しているのは、御存じのことと思います。この「ひよこクラブ」では、毎回園長からの話があるのですが、5回目の6月17日(水)には、次のような話をしました。

  「今朝、登園してきた時に、元気にあいさつをしてくれるお子さんがいてうれしかったです。あいさつがうまくできないお子さんもいますが、まだ2歳ちょっとです。「あいさつをしなさい」と無理強いはしないほうがよいと思います。あいさつができる子にするためには、家族間であいさつを交わし合う姿を見せるのが一番です。家族間で、明るくあいさつを交わし合えば、子どもはきっと見習い、あいさつをするようになります」という内容の話です。

  子どもは、一番身近なお父さんお母さんの行動を見て育ちます。言葉がけだけでなく、言葉がけとともに、行動で手本を見せてあげることも大事なことだと思います。お父さんお母さんを見習いあいさつをしたら、おおいにほめて、あいさつしてくれてうれしいという気持ちを伝えてあげることも大事なことです。  

  あいさつ以外にも、道路の歩き方、後片付けなどの様々な場面でも同じことが言えます。今日は急いでいるから特別だと言って、横断歩道でないところを渡ったりすると、これも子どもはしっかり見習うようになります。子どもには、特別、例外は通じないということも意識して、子どもの前では行動したいものです。

  事務の嶋田多恵が、6月末をもって退職いたします。嶋田は、本園に23年間勤務いたしました。保護者の皆様方からの、これまでのご厚情に感謝申し上げます。なお、事務の高橋は引き続き事務全般を担当しますのでよろしくお願いいたします。

                      

 

6月の園だより

(文:園長) 

大きく成長している子ども達

 

新学期がスタートし1ヶ月半、1学期の丁度半分が過ぎました。1ヶ月半という短い期間ですが、子ども達が大きく成長した様子が各所に見られうれしく思っています。

新入園児のいちご組の子ども達は、ほし組やそら組の様子を見ながら、園庭の砂場での遊び、すべり台、ブランコ、太鼓橋等の遊具への挑戦、ホール、クラスでの遊びと、遊びの場をどんどん広げています。ほし組の子ども達は、いちご組の時に比べて、友達と一緒に遊んだり活動したりする姿が多くなりました。友達の存在を意識できるようになったこと、そして、友達とのかかわりを深めていることに成長を感じています。そら組の子ども達は、年少、年中のお手本になろうと意識して行動している様子が随所に見られました。特に、全園児が一緒に活動する場面での態度や行動が素晴らしくなり、さすが年長と頼もしさを感じています。職員間では、1学期前半の子ども達の成長を確認し合いながら、1学期の後半の保育も充実したものにしていこうと話し合っています。

運動会と城南小学校PTAの城南祭が同一日で、どちらか一方にしか参加できないので、調整できないだろうかというご意見をいただきました。調べたところ4分の1のご家庭が白梅と城南に子どもさんを通わせていました。このようなことから、運動会を9月12日()から9月13日()に変更することにしました。日曜日開催となりますが、ご理解とご協力をお願いします。                        

                               

5月の園だより

(文:園長)

                    今年も、よいスタートが切れました

新しい学年が始まって約3週間が経ちましたが、今年も、よいスタートが切れました。年長のそら組は、やさしく声をかけたり、手を引いてあげたりしながら、新入園児のいちご組さんのお迎えをがんばりました。年中のほし組の子の中には、遊んでいて保育室に帰らないいちごの子を、手を引いて教室まで連れて行った子もいました。そら組とほし組には、一つ大きい組になったから、今までとは違うんだという意識と動きがあちらこちらに見られ、うれしく感じているところです。

4月末は晴天が続いたので、子ども達は朝から園庭で遊んでいますが、そら組、ほし組の子ども達は、自分達の好きな遊びをしながらも、入園したばかりのいちご組を気遣っている様子が多く見られました。無理に遊びに引き入れるようなことはしませんが、いちごの子が近寄ってくると、さりげなく手をつないだり、一緒に遊んであげたりしています。このような中で、入園したてのいちご組の子ども達は、まだ10日余りしか登園していないのに、もう何週間も白梅幼稚園に在園していたかのように伸び 伸びと遊んでいます。年長、年中、年少の子ども達が混じり合いながら遊び、その中で自然にかかわりの輪を広げていっている様子を見て、少人数幼稚園のよさを感じています。

また、今年は、保護者懇談会でお願いした、登園時刻までの登園にもご協力いただき、大変ありがたく思っています。朝からほぼ全園児がそろって遊び始めていることも、このような好結果につながっている要因の一つだろうと思っています。                         

 

 

 

4月の園だより

 (文:園長)

 

 本年度も、ご家庭との連携を大事にしながら

 

子ども達も私達も待っていた新学期が始まりました。

そら組、ほし組の子ども達は、一つずつ大きい組になったという思いから、今度は自分達が年下のお世話をしよう、新しいクラスになったら、あれもしたい、これもしたいと期待に胸をふくらませていることと思います。でも、頼りにしていた卒園児がいない、環境が変わったなどのことから、戸惑いを感じる子どももいるだろうと思っています。

一方、新しく入園してくる子ども達は、初めての環境、初めての出会い、初めての経験と、何もかもが初めてだらけで、幼稚園に対する期待とともに大きな不安も抱えているだろうと思っています。

このような状態ですから、年度当初は、いちご組や転園してきた子どもだけでなく、いろんなことが起こるのが常で、56月と月を重ねるにつれて、落ち着いてきます。私たち教職員は、今までと同様、クラス担任を中心に一人一人の子どもの心に寄り添いながら、その子の成長を援助していきたいと思っています。

ご家庭でもあまり心配なさらずに、誰もが通る道とあせらず長い目で見てやりながら、子ども達を幼稚園に送り出していただきたいと思っています。

もちろん、心配なこと、困ったことがある場合は、遠慮なくご相談ください。

子どものよりよい成長のために、ご家庭との連携を図りながら保育に当たっていきたいと考えていますので、本年度も、ご家族の皆様のご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 20150406134924.JPG   

 

 

                         

3月の園だより

 ◎一段と成長した子ども達

 

(文:園長)

 

2月14日()は、年少いちご組の生活発表会でした。入園当初は、一人一人がバラバラにしか動けなかった子ども達が、友達と一緒にリズム遊戯をしたり劇ごっこをしたりしていました。友達とかかわりあいながら一緒に活動ができるようになった様子を見ながら、よくここまで成長したと感慨深いものがありました。なによりもうれしかったのは、どの子も、いちご組の一員として、気持ちを一つの方向に向けていると感じられたことでした。

 

 

いちご組の生活発表会に賛助出演した年中ほし組、年長そら組は、自分達が主役だった12月の発表会から1つ抜け出したゆとりの演技を披露してくれました。いちご組同様、年度当初の4月に比べると、どの子も一段と成長した様子がうかがわれ、うれしく、そして、頼もしく感じたところでした。

 

今、そら組は、思い出の文集作りやほし組といちご組の一人一人に贈るプレゼント作りに取り組んでいます。ほし組は、卒園児を送るアーチ作りや卒園式で歌う歌の練習に取り組んでいます。3月に入ると、卒園式に向けた取り組みも本格的に始まります。

 

こんな取り組みを通し、そら組の子ども達は、幼稚園とのお別れをしっかりやろう、小学校でもがんばろうという気持ちが、ほし組の子ども達は、白梅幼稚園の一番大きな組さんになるんだ、今年のそら組のようにがんばるぞという気持ちが、更にしっかりしてくるだろうと思っています。

 

残された日々はわずかですが、このような気持ちを大事にし、卒園式、修了式を迎えさせたいと思っています。

 

入園式リボン作り

アップロードファイル 1024-1.jpgアップロードファイル 1024-2.jpgアップロードファイル 1024-3.jpgアップロードファイル 1024-4.jpg

(文:名取)

 新年度がスタートしました。先生たちは新学期に向け、着々と準備を進めています。

 ところでみなさんは、入園式や卒園式の時に子どもたちが胸につける名前のリボンをご存知でしょうか?実は、白梅幼稚園のリボンは、すべて先生たちの手によって作られているものなのです。

 ひとつひとつ、丁寧に心を込めて「これは誰の名前のリボンになるかな〜」と考えながら作るリボンは、どれ1つとして同じものはありません。とても細かい根気のいる作業ではありますが、そのリボンを胸につけている子どもたちの姿を想像しながら作っています。

 既製品を買うことは簡単ですが、手作りでしか味わえない完成したときの嬉しさや達成感は、大人も同じです。この気持ちを子どもたちにも感じてほしいと願い、今年度も教職員一同、力を合わせていきたいと思います。
 
 どうぞ、よろしくお願い致します。

お父さんの会(年中)

アップロードファイル 890-1.jpgアップロードファイル 890-2.jpgアップロードファイル 890-3.jpgアップロードファイル 890-4.jpg

画像:①②親子でリズム遊戯
   ③園長・担任・お父さん方との懇談会
   ④懇談会中、元気に遊ぶ年中児

 5月28日(土) 年中組の「お父さんの会」が行われました。

ページ移動

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

新着エントリー

2月の園だより
2024/02/05 16:09
ロケットすべり台とのお別れ会
2023/12/21 10:27
園だより
2023/12/20 13:06
クリスマス会
2023/12/18 17:50
生活発表会
2023/12/10 17:50

過去ログ

Feed