エントリー

お父さんの会(年少)

アップロードファイル 550-1.jpgアップロードファイル 550-2.jpgアップロードファイル 550-3.jpgアップロードファイル 550-4.jpg

 6月27日(土) いちご(年少)組の「お父さんの会」が行われました。

 さすが年少組のお父さんは若いですね。ほとんどの方が30代です。ステキなお兄さんのようなお父さんが、子ども達は自慢みたいですよ。
 恥ずかしそうに園内を連れ回して、自分の知っていることを全部教えようとする子、いつもならお友達と遊ぶのに、今日はお父さんと2人きりで砂場や鉄棒で楽しむ子といろいろです。

 ホールでの親子で向かい合っての「むすんでひらいて」等の手遊びは、慣れない感じのお父さんが多くて、親子共々可愛かったですよ♪

 わざわざ仕事を休んで参観にいらしたお父さんもいました。我が子を想うお父さんの気持ち、うれしいですね。
 昔は、子育ては母親に任せているという家庭が多かったものですが、最近は夫婦で子どもを育てるというように変わって来ています。
 母親は、子どもとって「安全基地」ですが、父親の役割は「母と子の安全基地」となる事と、先日読んだ本に書かれてありました。
 母親の心が安定していると、子どもは安心して育つことができる…と。

 ですからお父さん、仕事から帰ってきてお疲れかとは思いますが、お母さんの話を聞いて上げてくださいね。
 女性は、話すことによってストレス解消するところがあり、アドバイスを求めているのではないため、「うん、うん…」と聞いて上げるだけで満足する…とも、他の本に書いてありましたよ(笑)

 また、子どもにとっても、たまにお母さんから離れたくなる時があるそうで、そんな時に「母親からのシェルターになる」という役目もあるそうです。
 お父さん、頑張ってくださいね。

ページ移動

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

Feed