エントリー

手作りゲーム(年中)

アップロードファイル 543-1.jpgアップロードファイル 543-2.jpgアップロードファイル 543-3.jpgアップロードファイル 543-4.jpg

 6月18日(木) ほし組(年中)で、おもしろい物を作っているというので行って見ました。

 数人の子ども達が、段ボールでトンネルや坂を作り、ブロックの手作りミニカーを走らせていました。
 トンネルをくぐって下まで走るとOKですが、急な坂なので途中で落ちてしまう物もあり、大人の私が見ていてもおもしろい遊びでした。

 子どもがミニカーの名前を「○○○バクルゥ(?!)」とか言うのを、私が「え?!馬くろう?」と聞くとN君があきれたように「…ちがうよ」
 その上、坂東先生がH君の「○○○キッズ」を「え?!ケッズ?」と聞き返し、またまた「ちがうよ、キッズ!」と、私達おばさんチームにはなかなか言葉が通じなくて、言葉にも年代を感じました…(ごめんなさい)。

 白梅幼稚園はこの様に、自由遊びの時間は空き箱や段ボール等廃材から自分で考えた物を製作する子もいます。これは、与えられた形あるおもちゃやゲームで遊ぶよりも、想像性を養う上で役立っていると感じます。また、自分達で作った物への愛着はひとしおで、とても大切にします。

今日も一人が段ボールを車庫に見立てて「名前を書いて」と持って来たので、坂東先生が名前を書いてあげたところ、次々に「僕のも!」とやって来て、大切そうにしまっていましたよ。

ページ移動

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

Feed