エントリー

サラダ学級(第2部) 影絵

アップロードファイル 412-1.jpgアップロードファイル 412-2.jpgアップロードファイル 412-3.jpgアップロードファイル 412-4.jpg

 親子でホールに集まり「ジャン・ケン・ポン」が上演する影絵「山なしもぎ」と「都会のねずみと田舎のねずみ」を鑑賞しました。

 日本の昔話「山なしもぎ」は、3人の兄弟が、母親の病気に効くという「山梨」を採りに行くお話しです。
 まずは一郎が行き、沼の魔物に食われ、二郎も道案内の老女の言うことをよく聞かず、これまた同じ魔物に食われます。
ところが、三郎は老女の言うことをよく聞いて行動したので、山梨も手に入り、食われた2人の兄達も助けることができるのです。
 子ども達は、3度同じことが繰り返されるので、途中「また食われるよ―!」の声が聞こえたり、魔物が二郎兄さんを食べようとするシーンでは、魔物と一緒にアングリと口を開けている子もいましたよ。

 その後、サラダ学級の閉講式が行なわれました。
今年度は3回の開催で、全回参加したお母さんも結構いらしたようでした。
 毎回楽しい企画を考えてくださって、役員のお母様方、本当にありがとうございました。

ページ移動

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新着エントリー

過去ログ

Feed