エントリー

9月の園だより

 

2学期も「自分で考え、自分で決め、自分でする」子を育てます!

 

 

 約1か月間の長い夏休みが終わり、8月21日、白梅幼稚園に子どもたちの元気な声が戻ってきました。猛暑の夏でしたが、体調を崩したり、交通事故に遭ったりすることもなく、全園児が2Fホールに集合し、平成30年度の第2学期がスタートしました。

 

 

 2学期初日の園児の登園を迎えてくれたのが、そら組さんが6月に種を植えて生長を見守ってきたヒマワリでした。そのヒマワリは、夏の太陽をいっぱい浴びて夏休みの間にぐんぐん伸び、2mを超す高さにまで育ったもので、その様子は、子どもたちの夏休み中の成長を象徴するかのように見えました。

 

 

 

 子どもたちの成長は、ヒマワリのように顕著には表れませんが、始業式に臨む姿や話の聞き方、目の輝き、さらには、担任に提出した「夏休みの生活表」(全員分を読ませてもらいました)から、確かな手応えを感じ取ることができました。

 

 夏休み中の生活の中で、自分で決めたことを、自分なりに、継続して取り組んだことは、「やる気」「自律心」「忍耐力」などの目に見えない力(非認知能力:注目されている)として子どもたちの内面に着実に根付いたものと確信しています。各ご家庭での取り組み、誠にありがとうございました。

 

 2学期は、長丁場であり、運動会(9月)、徒歩遠足(10月)、生活発表会(12月)などの大きな行事があります。1学期及び夏休み中に培った力をベースに、2学期も、行事等諸活動への取り組みをとおして、「自分で考え、自分で決め、自分でする」子どもの育成に努めて参りますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

                                                                             (園長 大橋文四郎) 

            

ページ移動

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

Feed