エントリー

2018年07月03日の記事は以下のとおりです。

7月の園だより

   子どもの主体性を伸ばす3つの魔法

 

6月には、「お父さんの会」(いちご組・ほし組)」と「白梅おやっこ」をそれぞれ2回開催し、保護者の皆様と子育てについてあれこれ考えたり、情報を交流し合ったりする機会を得ることができました。ご多忙の中、たくさんの方にご出席いただき、誠にありがとうございました。これらの会合で確認し合った大切なポイントは、以下の3点でした。

 

 

① YOUメッセージからIメッセージへ!

 

親が子どもの行動を変えたいと願うなら、話し手である親自身が主語となるメッセージを子どもに発することが大切である。(私が嬉しい、私が悲しいなど)

 

 

② 子どもにプラスのストロークをシャワーのように注ごう!

 

プラスのストロークとは、子どもが親からもらって嬉しい心の触れ合いのこと。プラスのストロークは子どもの自尊感情を高める。

 

 

 ③ 子育てにコーチングの手法を試してみよう!

 

コーチングとは、子どもの能力や自発性を伸ばして変化や成長を促す手法である。コーチングには多様な手法があるが、子どもの心の声を受け止める「聴く」ことや、子ども自身に考えさせ具体的な行動を引き出す「質問」などが有効である。

 

 

 子どもの未来は、日々の営みの中でつくられています。子どもの自尊感情を高め、主体性を伸ばす魔法を試してみませんか。

 

                                                                         

                 (園長 大橋文四郎)

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

Feed