エントリー

2010年12月08日の記事は以下のとおりです。

今後の白梅幼稚園への願い(年長)

アップロードファイル 818-1.jpgアップロードファイル 818-2.jpgアップロードファイル 818-3.jpgアップロードファイル 818-4.jpg

【画像:①親子で作った指人形を手に
    ②大根の収穫
    ③発表会での出し物の大型紙芝居『からすのカラッポ』
    ④絵本の読み聞かせをしてくださっているうれし野文庫さん】

 (文:阿部)

 白梅幼稚園創立30周年記念式典を間近に控えたある日、クラスのみんなが、今後の白梅幼稚園への願いをそれぞれ話し始めました。

・大人になってもこの幼稚園があって、この白梅幼稚園に自分の産んだ子どもを入れるの。

・おばあさんになっても白梅幼稚園があって、その時、二高と白梅幼稚園がつながっているの。ベランダもできていて、プールもあったらいいなぁ。

・平成の次の次の次…まで、幼稚園があって欲しい。

・この白梅幼稚園30周年を迎えるときは生きているけど、80周年を迎えるときには僕達はいない。でも白梅幼稚園は、古くなってもいつまでもあってて欲しい。

・僕が大人になっても、この幼稚園はあった方がいい。だって僕のお父さんも白梅幼稚園だったから。

・100億万年経っても、白梅幼稚園が残っていて欲しい!

・大人になったら園長先生になりたい!

 ★子ども達なりに、自分の思いを喜々として話す様子が印象的でした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年12月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ

Feed