エントリー

2009年09月の記事は以下のとおりです。

9月の誕生会から思うこと

アップロードファイル 592-1.jpgアップロードファイル 592-2.jpgアップロードファイル 592-3.jpg

 9月30日(水) 9月の誕生会が行われました。
写真の子ども達の他に男の子が1人欠席、女の子1人が恥ずかしくて写真に入ることができませんでした(3歳児ならではの可愛らしさを感じますね!)。

 さて、「誕生」といえば…
一昨日、家でテレビをかけたところ「世界丸見え」の特番の中で「卵子と精子が出会うまで」の実写版(人間が精子を演じる)を放送していました。
 最初はふざけ半分の番組かと思いましたが、その内容は素晴らしく、感動してしまいました。

 要約すると…
 精子は12km/秒の速さで放出され、卵子に出会う前に子宮や卵管内で白血球に食べられたり等、ものすごいサバイバルゲームさながらの試練に出会うのだそうです。
 やっとの思いで卵子にたどりつく精子の確立は2億5千万分の2(それぞれ男と女の染色体を持つ精子)。しかも、どちらかが卵子の中に入ってしまうと、別の方は死んでしまうのです。
その様子を人間が演じるのですから、わかりやすく、精子1つ1つに感情移入して見ている自分が不思議だと感じました。

 私(嶋田)も若い頃には、子どもは簡単に出来るものと思っていましたが、実は出来ることの方が「奇跡」なくらい神秘的なことのようです。
 かく言う私も、子どもは1人しかいませんし、不妊治療も受けたことがあるのですから、いかに大変なことかよく知っています。
 受精することは「神秘」だけではなく「ロマン」も必要ですから、こうして授かった我が子を夫婦二人の宝として大切に育ててくださいね。親の愛は「無償の愛」だそうですよ。

10月園だよりから(文:園長)

アップロードファイル 591-1.jpgアップロードファイル 591-2.jpgアップロードファイル 591-3.jpgアップロードファイル 591-4.jpg

【画像:9月29日(火) 在園児に混じって「パン屋さん」「お化け屋敷」で遊ぶひよこクラブの子ども達】

 ★10月園だよりから(文:園長)★

 今年の運動会は、子ども達にとってもご家庭の皆様にとっても、本当に楽しい運動会となりました。
これもひとえに、事前そして当日の準備等に一生懸命ご協力いただいた父母会の役員や係の皆様、そして当日進んでご協力いただいたお父さん方のお陰です。本当にありがとうございました。
 
 今年の運動会は、子ども達の夏休みの疲れがなかなかとれず、更に盛岡市のあちこちで新インフルエンザが広まって、もしかすると当園でも休園することもあるかと心配していましたが、ご家庭の協力もあり無事に終了できホッとしております。

 先週は「silver week」があり、お出かけのご家庭もあることを予想し、その影響もあるかなと思っておりましたが、これまた今のところ影響ありません。このことから、各家庭で帰宅したら「手洗い」「うがい」「咳のマナー」等が徹底されていることが伺われました。でも、油断大敵、一日で100人以上感染した学校もあるとのことですから、今後も幼稚園とご家庭と協力してこれを継続し習慣化する様よろしくお願いします。

 10月、2学期の中でも一番忙しい月です。そして幼稚園の毎年の年中行事(として)、来年度新入園児募集が始まります。3年前から行っております「一日体験入園」や、その日のポスター・チラシ作成、配布等もあります。
 盛岡でも年々少子化が進み、入園児が減少しております。当園も以前は、転園したお子さんの後に交換で転園して来た方のお子さんが必ず入園して来たものですが、昨今はそれが少なくなって来ています。
 そういうわけで毎年、そら組の保護者を中心に、ほし・いちご組さんにも、ご近所やお友達のお子さんに来年度入園該当児がおられる時は、チラシを配り一声かけていただく様お願いして来ております。本年もどうぞよろしくお願いします。

お化け屋敷

アップロードファイル 590-1.jpgアップロードファイル 590-2.jpgアップロードファイル 590-3.jpgアップロードファイル 590-4.jpg

 前回、画像だけでご紹介しましたが、年長組のお部屋で、今「お化け屋敷」がブームです。

 最初、年長の女の子だけで作り始めたのですが、子ども達手作りのポスターの効果があったのか(?!)、段々に男の子や異年齢の子ども達にも広がって、今では園全体がお化け屋敷ブームです!

 今日も小さい子ども達が客として列を成し、受付で入場券を買い、段ボール箱を繋げたお化け屋敷の中に入って行きました。

 真っ暗な中いろんなお化けが下がっていて、穴から懐中電灯の光で照らされたりして「キャ〜!」という、悲鳴か笑い声かわからない声か何度か聞こえました。

 少子化で一人っ子や兄弟の数が減っているこの頃に、この様に異年齢の子ども達が入り混じって遊ぶことは、お互いを思いやる心を育む上で役立っていると感じます。これも白梅幼稚園ならではの特徴だと思います。

【画像】
①入場券を買うところ
②年長児が書いたポスターの前の年少児達
③懐中電灯で照らして脅かす年長児達
④年長児が書いた「入場時のお約束」

白梅おやっこ

アップロードファイル 589-1.jpgアップロードファイル 589-2.jpgアップロードファイル 589-3.jpgアップロードファイル 589-4.jpg

 【画像:年長児達作成のお化け屋敷】

  (文:園長)
 シルバーウィーク明けの24日(木)、「白梅おやっこ テーマ2」が行われました。
 この日は城南小学校の振替休日のため、兄姉のあるご家庭の日にち変更が多く出て、10人のご参加となりました。
 1週間前の17日(木)のテーマ1と併せて内容を簡潔にお知らせします。

 以前にも書きましたが、この「白梅おやっこ」は教師とお母さん方、クラスを越えたお母さん方同志の交流等を主に、お茶を飲みながら気軽に話し合う会です。
 テーマ1とテーマ2の全員にお話いただいた内容は2つでした。
1つは、夏休みを通してのお子さんの成長振り。
2つには、運動会をご覧になって印象に残った事等を話してもらいました。

 夏休みについては、以前の園だより等でも触れたので省略しますが、どのご家庭でも子ども達の成長になる様ないろいろな事を創意工夫して取り組んでいただいた様子が良くわかりました。

 運動会についても子ども達と同じ様にお母さん方も初めての方は緊張してご覧になられた様ですが、どの子も自分なりに全力を尽くし、楽しく走ったり踊ったりした様子を見てほっとし、楽しんで見られたとの事でした。

 いちご組とほし組は、まだ運動会というものを実感できない子が多いのですが、年長組は流石に最後のリレーに取り組む姿は、当日迄のグループでのいろいろな真剣な話し合いや工夫があり、勝負を越えて私達の胸を熱くするレースとなり、皆感動した旨を話されました。

 後半のグループ毎の話し合いでは、偶然転入園の方が多いグループで、転入園した時のご苦労話(園の決定等について)で盛り上がりました。

 10月1日から来年度新入園児の願書配布、13日(火)一日体験入園、11月2日(月)正式な入園願書受付となっています。
 近所やお友達に該当するお子さんがおられる方は、どうぞ白梅幼稚園のPRを是非お願いしたいと思っております。

パン屋さんごっこ

アップロードファイル 588-1.jpgアップロードファイル 588-2.jpgアップロードファイル 588-3.jpgアップロードファイル 588-4.jpgアップロードファイル 588-5.jpg

 年長組のお部屋でパン屋さんを開いているというので行って見ました。
全て子ども達手作りのパン屋さんは、かなり本物に近いものでした(ビックリ!)。

 販売員は、高い高いコック帽を被り、呼び込みも上手。客は、年中・年少組の子ども達で、パンだけでなくゲームもできる店で、魅力満載でしたよ。

 また、段ボール箱の電子レンジや、お金を入れると「パン」「ゲーム」「お化け屋敷」のカードが出てくる機械は素晴らしい出来で、大人の私(嶋田)でもやってみたいと感じました(笑)。

 販売されているパンの名前が、子どもらしくて愉快なんですよ♪
「ほしパン」…星?干し?
「クワガタパン」…なるほど!
「超カブトパン」…超って何?
「ちっちゃカブトパン」…かわいい♪
 
 以下、阿部先生から話を聞いてみました。

阿部先生「年下の子ども達がわかりやすいようにするにはどうしたらいいかを話し合いました。中でも
 ①ゲームやカード自販機は自分達が一度やってみせる。
 ②案内する時は、ホテルマンみたいに『こちらです』と手で示す
…等、異年齢の子との対応を学んだようです。」
「共通の遊びを通して、それぞれが育つ物がありますね。」
「家がお店屋さんの子は、やっぱり商売上手なんですよ!」
…等々

 やっぱり年長にもなると、白梅の三つの柱「自分で考え 自分で決めて すすんでやる子」が身に付いている証拠ですね。これも三年間の積み重ねの成果だと園長先生とも話しています。

 近日中に「お化け屋敷」も、みなさんにお伝えしたいと思います。お楽しみに!

大根(年長)

アップロードファイル 587-1.jpgアップロードファイル 587-2.jpgアップロードファイル 587-3.jpgアップロードファイル 587-4.jpg

 9月17日(木) 気持ちが良い秋晴れの中、そら(年長)組が自分達で植えた大根の成長を見に畑へ行きました。

 あんなに小さくて可愛かった双葉が、大きく成長しギザギザになっていて、子ども達はビックリ!中には、虫に食べられて穴が空いている物もあります。周りの土も雨で流れ、可愛そうな状態の葉っぱも…。

 そこで、阿部先生が鍬で土を寄せ、それを子ども達は手で、葉っぱを優しく包み込むように土寄せをして来ました。

 帰りはいつものように天満宮で「大根さん、大きくなってね!」とお願いしたので、きっと立派に生長することでしょう(南無南無…♪)。

 ちなみに、天満宮は学問の神様ですけど…ね?!

山車(年少)

アップロードファイル 586-1.jpgアップロードファイル 586-2.jpgアップロードファイル 586-3.jpgアップロードファイル 586-4.jpgアップロードファイル 586-5.jpg

 9月15日(火) 白梅幼稚園の前を盛岡八幡宮祭の山車が通るというので、初穂料をちょっと奮発して「音頭上げ」をしてもらいました。
もちろん子ども達は全員大喜びで園庭に飛び出して来ました。

 山車の大きさや音に驚き、口を開けたままの子や、音頭上げが終わり、太鼓と「ヤレヤレ…」のかけ声が始まると拍手する子と、表現は色々でした。

 その後、いちご組の男の子がひとりでブロックを組み立てて、あかね先生に「山車!」と持って来ました。
 そこであかね先生は「それならば…」と、大きな段ボール箱を用意したところ、子ども達が群がって作り出し、立派な山車が出来上がりました。

 あかね先生が「今までは自分で作った物を、私や周りの子に見せて自己満足していたのが、お友達のイメージを受け入れ、みんなと一緒に作ったり、それで遊ぼうとするようになったということは大きくなった証拠ですね」と嬉しそうに話してくれました。

運動会写真集(その2)

アップロードファイル 585-1.jpgアップロードファイル 585-2.jpgアップロードファイル 585-3.jpgアップロードファイル 585-4.jpg

 お父さん、お母さんもご苦労様でした。
みなさん、生き生きとしていてステキでしたよ♪

運動会写真集

アップロードファイル 584-1.jpgアップロードファイル 584-2.jpgアップロードファイル 584-3.jpgアップロードファイル 584-4.jpgアップロードファイル 584-5.jpg

 9月12日(土) 盛岡二高体育館で運動会が行われました。
①綱引き
②リズム遊戯「早寝・早起き・朝ごはん」
③初めてのおつかい(年中)
④リレー(年長)
⑤閉会式

セーフティマーク

アップロードファイル 583-1.jpgアップロードファイル 583-2.jpgアップロードファイル 583-3.jpgアップロードファイル 583-4.jpg

 9月11日(金) 消防署から「特例申請」の査察のため2名の消防士さんが来園しました。
「特例申請」とは、3年に1度更新があり、その条件はなかなか厳しいものです。
 避難訓練はもちろん、報告や日常の防火点検がしっかりしていないと更新されません。
 私(事務)が、幼稚園の始業式の日に宇都宮市で受講した「甲種防火管理者再講習会」も、その条件をクリアするためでした。

 更新されると、点検報告の義務が3年間免除されます。
これは幼稚園にとって、手間はもちろん、経費がかなり浮くので助かります(事務の私は笑顔♪)。
 よく、デパートや映画館、ホテル、病院のフロント辺りに掲げられている「防火優良認定証(セーフティマーク)」がそれです。
お子さんと一緒にいろいろなビルの中を探して見て下さい。結構ありますよ。

 今日は、無事査察も終わり、やさしい消防士さん達は男の子に消防士の帽子を貸して下さって、子ども達は大喜びでした。これをきっかけに将来、消防士になる子もいるかもしれませんよ。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2009年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

新着エントリー

3学期始業式
2020/01/22 17:15
2学期終業式
2019/12/23 17:32
ほし組とそら組で…
2019/12/20 16:36
2学期終了!(年長)
2019/12/20 13:13
2学期も残りわずか…!(年中)
2019/12/19 16:00

過去ログ

Feed