エントリー

カテゴリー「子どもの生活の中から」の検索結果は以下のとおりです。

雨の日の自由遊び

アップロードファイル 173-1.jpgアップロードファイル 173-2.jpgアップロードファイル 173-3.jpgアップロードファイル 173-4.jpgアップロードファイル 173-5.jpg

 今日は朝からどんよりとした曇り空で、子ども達が登園する頃には雨が降り始め、雷まで鳴ってきました。外では遊べないので、園内ではどんな遊びをしていたのか、その一部をご紹介します。
 写真は『雨の園庭』
    『ホールでホテルごっこをする年中児』
    『広告の紙で剣を作る年少児』
    『ピタゴラスイッチゲームの前の年中児』※ピタゴラスイッチゲームとは、段ボール箱にビー玉の通路や障害物をくっつけ、その中を最後までうまくビー玉を転がした人が勝つゲーム
    『空き箱で作品を作る途中にチョコレートの箱をみつけ、チョコレートの匂いをかいで仲良く笑い合う年中・年長児』※本園の特色であります、年齢や保育室に関係なく遊べる【自由遊び】ならではの風景。

暑中見舞い

アップロードファイル 171-1.jpg

 毎年、子ども達への暑中見舞い葉書のデザインをどんな物にするのかの話し合いがあります。白梅幼稚園ではいつも、温かみを出すために手書きした原案をコピーし、色は先生達が一枚一枚絵の具で塗ります。今年はこんなデザインでした。

ほしだより(抜粋)…年中組

アップロードファイル 170-1.jpgアップロードファイル 170-2.jpgアップロードファイル 170-3.jpgアップロードファイル 170-4.jpgアップロードファイル 170-5.jpg

  (写真は年中児が遊んでいるところ)

 「外行ってくる―!」「ホール行ってくる―!」とカバンを置いて、シールを貼るとすぐに飛び出して行く子どもたち。『自分のしたいことに向かっていていいな』と思って見ています。
外では裸足で走り回ったり、タライに自分達で水を汲み、水遊びをしていたり(ほし組前の廊下には、濡れたスモックが並びます)、桜の実をたくさん集めて色水を作ったり、オレンジの幼虫に大興奮したり、砂場でごっこ遊びをしたり、鉄棒や登り棒に挑戦したり…いろんな物事に興味を持って遊んでいます。
めいっぱい遊んだ後は、片付けも早く、外を片付けて中に入るとホールもお部屋もキレイ☆ テーブルも片付けてある!と、ビックリした日もありました。
活動一つ一つに気持ちが向くようになって来たなぁと、うれしく思います。個性が光って、いろんな表情を見せてくれるほし組。2学期はどんなことが起こるのか、どうなって行くのか、楽しみです。
 今学期、たくさんのご理解とご協力、ありがとうございました。

いちごだより(抜粋)…年少組

アップロードファイル 169-1.jpgアップロードファイル 169-2.jpgアップロードファイル 169-3.jpgアップロードファイル 169-4.jpgアップロードファイル 169-5.jpg

  (写真は1学期中の年少児の遊び)

 ―7月17日(火)―いちご組始まって以来の欠席の多さに(5名でした)「あれ!〇〇ちゃんは、△△君は…」と、かわるがわる聴きに来る様子が多々ありました。クラス全体で集まると、やはり話題は「〇〇ちゃんはどうして休んだの?」ということ。そこでこの時間は欠席した子の説明をすることにしました。11名の子ども達は「咳、熱、鼻水がひどいんだって…」の話に心配げで困ったような顔をし「☆☆ちゃんは、おでかけなんだって…」の話には、ほっ!と笑顔になる等…の様子でした。
 おやつや降園準備はいつもの活気が無く、しんみりとした雰囲気でした。(さみしいものですね。)
 やっぱり、みんなと(16名)一緒に過ごすのはいいな…を再確認する機会となりました。

 自分のことで精一杯であった子ども達が1学期の終わり頃には、友達の話や行動など等々に興味を持ち『クラスのみんなと過ごすことって嬉しいね』という様子が伝わってきました。

おたまじゃくしとザリガニ(事務室の窓から)

アップロードファイル 160-1.jpgアップロードファイル 160-2.jpgアップロードファイル 160-3.jpg

 6月26日に当学園の評議員のN氏からいただいたおたまじゃくしとザリガニも、子ども達に揉まれながらも大きく成長し、ついに蛙になりました。
 最初はおたまじゃくしが珍しく、指でつかもうとするのですが3〜4歳位では力加減がわからずつぶされてしまったり(ごめんね…)、いつの間にかザリガニの水槽におたまじゃくしが入っていたり(キャア!!)。子どもは悪気はなくてもビックリするようなことをしてしまうのだと改めて感じました。
 それでも生物の世界は、強い者が生き残るのです。蛙になればなったで指でつかもうとします。雨の日の園庭の花壇に逃がしてみたりしましたが、どうなったのか…。
 最近ザリガニを見ながら「エビっておいしいんだよね!」と話しかけられ思わず「そうだよね」と答えてしまいましたが良かったのでしょうか…!!?

閉店中でしたが…やっと!!

アップロードファイル 159-1.jpg

  (写真は年長組の保育室入口にかけられてあった看板)

 ホームページが消えてしまってから2週間以上も経ってしまいました。
在園児の父母からは「うちのパソコンが壊れたかと思った。」とか、私年代のおじいちゃん・おばあちゃんには「孫のために見ていたのに一体どうなったのス?!」と、大変ご心配をおかけ致しました。
 実は、サーバーとの契約が1年契約で6月30日が更新日だったらしいのですが、その連絡メールが届かなかったため突然プッツリと切れてしまったのです。
その上、本園担当者が半年ほどまえに辞めてしまい、更新手続き時に必要な本園の情報が全くわからず、前のアドレスで続けて行くことは無理との判断で、新たにアドレスを取りました。そのため皆様には大変ご迷惑をおかけしますが『お気に入り登録』を訂正方お願い致します。
 2週間のプランクを取り戻すのはなかなか大変ですが、今日からまた頑張ってブログを続けて行きますのでよろしくお願い致します。

7月園だより(園長から)

アップロードファイル 156-1.jpgアップロードファイル 156-2.jpgアップロードファイル 156-3.jpgアップロードファイル 156-4.jpgアップロードファイル 156-5.jpg

  (写真は今日のひよこクラブ)

 岩手も今日から梅雨入りと報じられましたが、例年と比べると数日遅く、しかも梅雨明けは例年と同じ頃との事です。日数も短く、しかも降水量も少ない予想ですので、西日本程でないにしろ猛暑も予想され今夏は水不足も心配です。
 さて、始業式・入園式で始まった1学期もあっという間に過ぎて、あと3週間で終業式を迎えます。幼稚園では休み前の3週間は4月から7月迄の一人一人の成長と各クラスの成長を振り返るまとめの時期です。
それらを保護者懇談会や個人面談を通してお話し、保護者の皆様と一緒に、その成長を認め合い、共に喜び合いたいと思っております。各家庭におかれましても、4月当初のお子さんの様子を振り返られて話題にしていただきたいと思います。
 その成長ぶりを踏まえて、子ども達が楽しみにしている夏休みの計画をお子さんと一緒に立てるようにお願いします。
 いちご組は、初めての夏休みですから、子どもにとって無理なく続けて出来るもの、できれば子どもが自分からやりたいというものがあればそれを取り入れて下さい。ほし組とそら組は夏休みの過ごし方を何回か経験していますので、どんどん自分からすすんで取り組ませてください。
 いつもの梅雨入りと夏の季節も、例年と違う天候になりそうです。残りの日数、体調を崩すことがないようご家庭でも気を配っていただき、皆元気に夏休みを迎えたいと思っています。

サラダ学級「お金のしつけ方」(サラダ通信抜粋)

アップロードファイル 154-1.jpgアップロードファイル 154-2.jpgアップロードファイル 154-3.jpg

 6月15日にサラダ学級(父母の会主催)が行なわれました。第1回目として、盛岡市消費生活センターの吉田直美先生をお迎えして「お金のしつけ方」についてのご講演をいただきました。
 お小遣いの与え方や上手な金銭感覚の育て方など、これから育児をしていく上でとても役立つお話を聴くことができました。
 ………子どもを不幸にする一番確かな方法はなにか。
それは、いつでもどこでも欲しいものを手に入れられるようにしてやることだ。………フランスの思想家「ジャン・ジャック・ルソー」の教育書「エミール」より

 ☆ 参加したお母さん方のアンケートから ☆
 ・まずは、親がお手本になるよう、家計簿をきちんとつけたいなぁと思いました。
 ・先生がおっしゃっていた「親はコーチでいい、意味を指導することだ」という言葉にハッとしました。
 ・今まで欲しいと言われるとすぐにお小遣いをあげていましたが、考え方を見直してみようと思いました。
 ・将来困らないための子供のお金のしつけは、大切だなと思いました。まず、自分のお金についての管理をしっかりして、子供にも教えていきたいです。
 ・「お金のしつけ方」から家庭のしつけ、取り組み方次第で、子育ての意識、考え方が大きく違ってくることを知りました。お金は道具の一つ、また、親は子供の手本!日々流されず、見られていることを意識して生活してみます。

初めて畑へ行って来ました(年中組)

アップロードファイル 153-1.jpgアップロードファイル 153-2.jpgアップロードファイル 153-3.jpgアップロードファイル 153-4.jpgアップロードファイル 153-5.jpg

 今日は、晴れ間をみて、枝豆の苗を植えに行く年中組について行って来ました。
年長と比べると、やはり子どもだけで歩くことに慣れていないので、列が長くなったり、口喧嘩をしたり、虫を拾い、花を摘んだりするので、初めて年中児と歩く私にとっては緊張で遠い道のりに感じました。この一年間で、歩くことや交通ルール、お友達に遅れないように付いて行くことを学習して行くのだと、改めて思いました。
 畑では担任が、苗のポットからの出し方、土への植え方を説明しましたが、ポットをひっくり返すことが怖くて(土が崩れるので)思いとどまっている子が多く見られました。それでも「だいじょうぶ!」と声をかけていくうちに全員植えかえることができました。
 帰りは天満宮で、枝豆が『ジャックと豆の木』のように大きくなることをお願いして、無事幼稚園に着きました(私の感想…遠かったぁ)

じゃが芋畑へ(年長)

アップロードファイル 150-1.jpgアップロードファイル 150-2.jpgアップロードファイル 150-3.jpgアップロードファイル 150-5.jpg

 そら(年長)組と畑に植えたじゃが芋を見に行ってきました。今日の目的は、葉を食べる『てんとう虫だまし』と茎をかじって倒すアリを退治することと、咲いた花を全部摘み取ることです(花に栄養を取られるため)。
 久し振りに見るじゃが芋は大きくなってきれいな花が咲き驚きでした!てんとう虫だましをみつけたのはいいのですが、気持ち悪くて触れなくて「先生、いたよ!」と教えてくれる子が多かったですね〜★
 帰り際に、また天満宮で「明日はもっと大きくなりますように…」とお祈りをして、暑さにも負けず歩いて帰って来ました。
歩きながらの「あづず…」の歌はなかなか面白いものでした(暑いのナマリ)
 ※このじゃが芋は、お泊り会のカレーの具材になります。

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

Feed